ホーム お知らせ ニュース記事
お知らせ

  「令和2年度いしかわ次世代産業創造ファンド助成事業」に採択されました。

 

2020年9月11日


この度、石川県と石川産業創出支援機構(ISHICO)が選出する
「令和2年度AI・IoT等を搭載した設備導入支援事業助成金事業」に採択されました。

事業計画内容としては以下のとおりです。

テーマ:『CAE解析ツールならびに解析評価システムの導入によるサービスの高付加価値化』

【概 要】
機械製造業においては、設計開発部門でのリードタイム短縮(コスト削減)が常に重要課題となっております。
本件導入により当社主業務である顧客から受託する機械設計をより短期間でより最適に近い設計サービスの提供が可能となり、
また新型コロナ対策として双方の在宅勤務者、遠隔地勤務者も同時に詳細な画像・動画が共有され参加でき、結果としてサービスの高付加価値化が実現できる。

【現在の課題】
① 機械設計プロセスのうち繰り返されるプロセス(試作・実験⇒設計変更)の回数削減。
② 機械設計プロセスにおける各ステージでの関係者ミーティングの効率化(集合回避・回数削減)。
 
【実施の内容】
① 機械設計プロセスのうち試作・実験を画像シミュレーションで最適な設計を短時間で提案したい。
  また顧客企業から要請があれば解析業務の内製化と技術指導を行う。
② 遠隔地・多人数であっても臨場感が維持できる解析評価システム導入と顧客・関係者が解析データ/画像の共有を可能とする通信インフラ整備により
  解析・設計の同時進行が可能となる。

【投資設備】
CAE解析ソフトウェアおよびハードウェア
解析プロセスおよび結果を顧客と画像共有するためのシステム一式

今回の応募に当たっては、資料作成に適切なアドバイスをいただいたISICO (石川県産業創出支援機構)の方々に厚く御礼申し上げます。








- 以上 -



記事一覧に戻る