ホーム お知らせ ニュース記事
お知らせ

  技能検定合格に向けてのプロジェクト活動

2016年12月26日


 弊社には業務以外のグループ活動として教育・標準化プロジェクトがあります。このプロジェクトの活動内容の一つとして、毎年、若手社員に技能検定の受検を後押ししています。
この検定は国家検定であり、この資格を取得することによる社員のスキルアップを目的として、毎年数名の受検者を選抜して合格に導くべく奮闘しています。
弊社に関係する検定の職種(作業)は[機械製図CAD作業]、[空気圧装置組立作業]、[シーケンス制御作業]等があります。


 [機械製図CAD作業]に対する活動内容としては、受検者向けに数回練習課題を配布し、その結果を添削、フィードバックしていくことで個人毎の実力アップを図ります。
試験日前には、社内において本番さながらの模擬試験を行い、ペース配分や苦手なところを再確認し、各自に適切な指導をして合格を目指します。
今年度も、1級4名、2級3名の受検者達が、日々業務の合間に時間を作って課題に取組み、合格を目指しています。


 また、社内には様々な資格、検定の合格者の一覧ボードを設置しています。合格して、ここに自分の名前を載せることを目標に頑張ってほしいと思います。
今後も教育内容、方法を見直しながら活動を続けていきます。
将来を担う若手社員の名前がこのボードに載ることを目標に…。


                                                     教育・標準化プロジェクト

- 以上 -






記事一覧に戻る