ホーム お知らせ ニュース記事
お知らせ

  「ロコモ予防 健康セミナー」を開催しました

2014年6月18日


 6月11日(水)に、「ロコモ予防で健康推進を」と題する健康セミナーを開催いたしました。
このセミナーは石川県健康管理推進事業の一環として行われているもので、ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)予防のため、足腰を強化し健康寿命を延伸することが目的。
当日は石川県派遣講師で健康運動指導士の元橋美津子氏(石川県七尾市出身)を招いて、セミナーや体操指導などがありました。


講師からは、「要介護認定者は12年5月で535万人と2000年に比べて2倍以上に増えており、筋肉は使わなくなると使えなくなる」と普段からの運動習慣の大切さを教わり、実際に体を動かしてリラックス体操やロコトレなどを行いました。
普段から椅子に座っての仕事がほとんどで体を動かす機会が少ないため、手軽にできる運動は健康維持のために大いに役立つものでした。


 ※ ロコモティブシンドローム : 運動器(筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板など)の障害のため、移動機能の低下をきたして、要介護になったり、
                 要介護になる危険の 高い状態。


なお、当日行われたセミナーの内容が、6月12日(木)の建設工業新聞に掲載されました。


- 以上 -






記事一覧に戻る