ホーム お知らせ ニュース記事
お知らせ

  第1設計グループの新人、中村孝太郎君からの一言です。


入社して4ヶ月が経ちました。
4ヶ月前までの私の生活は、不規則で時間に追われることなどない自由なものでした。毎日好きな時間に寝て好きな時間に起きて、時には昼夜が逆転するようなときもありました。
それが今では、毎日決まった時間に起き、毎日決まった時間に出社する規則正しい生活。以前はそれほど考えなかった、「時間の大切さ」(特に休日)を感じています。


仕事に関しては、機械の知識などが乏しい状態で入社したので、最初はわからないことが多く、戸惑いの連続でした。でも、周りの方々が丁寧に指導してくださったおかげで、少しずつは理解できるようになってきました。
正直に言って、今でもまだわからないことが多く、不安な気持ちも入社当初ほどではないにしてもまだあります。
しかし、そのわからないことをひとつひとつ解決していくことによって、その不安は薄まっていくのではないかと思います。また、わからないことを減らし、できることを増やしていくのが、私の今のやるべきことだとも思っています。
業務の方では、最近になって難しい内容も任されるようになりました。設計者の方と話し合う機会も増え、モチベーションも上がってきたので、これからも努力していきたいと思います。


以前一度、「挨拶の声が大きくて良い」と褒められたことがありました。
自分ではそれほど意識していたわけではなかったのですが、自分の行いが評価されたのはうれしく思いました。
ですが最近、「今の自分の挨拶、声小さかったな。」と感じるときがあります。会社に慣れてきたのはいいのですが、悪い意味での慣れで気の緩みが出てきたのかも知れません。


入社からこれまでの自分を思い起こし、気持ちを新たに引き締め、これからの自分を想い、自分の成長が会社の成長にもつながると信じ、一日一日を大切に仕事に向かっていきたいと思います。

アシスタントエンジニア 中村 孝太郎



- 以上 -






記事一覧に戻る