【 問題 149 解答! 】

  


   金属板材の曲げ加工において、板材の圧延方向と平行に曲げる場合と圧延方向と直角に曲げる場合とで、
   最小曲げ半径が最も著しい材料は異なる材料がある。
   その差が最も著しく異なる材料はです。


          


          ⇒ 圧延された板には異方性が存在し、圧延方向と平行に曲げを行うと材料に割れが生じやすく なる。
            特にアルミニウムでこの現象が顕著に現れる。