【 問題 144 解答! 】

  


   次の説明に対応した幾何公差と寸法は次のようになります。


   ・実際の(再現した)軸線は、データムBに対して平行で、データム平面Aに対して理論的に 正確に60°傾いた
    直径0.1の円筒公差域の中になければならない。